しみそばかすになぜ錠剤なの?

 

しみそばかす錠剤

 

 

 

シミやそばかすへの効果をうたっているものはたくさんあります。

 

ドリンク剤やサプリメントではなく なぜ錠剤なのでしょうか?

 

 

実は、錠剤=お薬ということで、シミやそばかすへの効果がきちんと認定されているのです。

 

ケアができる、と保証されているお薬なのです。

 

残念ながらサプリメントは しみやそばかすへの効果は認められていません。

 

また、美白用のドリンク剤も ほとんどがサプリメントと同様に 特定の効果が認められたものではありません。

 

ですので 本気でしみソバカスを消したいと思ったら錠剤の飲み薬がオススメです!

 

 

 

しみそばかす錠剤ランキング

 

 

ロスミンローヤルの特徴

シミやそばかすケア成分であるL-システィンやビタミンCに加えて 生薬も配合。

シミだけでなくシワや 体の冷えのケアなども同時にできる女性のためのお薬です。

糖衣で 丸くて飲みやすい錠剤ということでも定評があります。


今なら期間限定7,600円が 1,900円(税別)! すぐにお試し下さいね。

価格 1,900(税別)円
評価 評価5
備考 話題のシミそばかす錠剤が期間限定で大幅値下げ!
 

シミトールの特徴

シミトールはビタミンCが主体のシミそばかすの錠剤。

糖衣ではないのでちょっと飲みにくい錠剤ですが お値段が魅力的です。

価格 980 (税込)円
評価 評価3.5
備考 値段優先の方向けのシミそばかす錠剤

 

 

 

しみやそばかすへの錠剤の効果とは

 

しみやそばかすのケアに錠剤を活用、その効果とはどんなものなのでしょうか?

 

お肌は一定のサイクルで生まれ変わっているって知っていますか? これをターンオーバーと呼び、周期はおよそ28日間程度と言われています。

 

お肌は シミなどのもととなるメラニンがお肌にできてしまっても、お肌の代謝が順調ですとターンオーバーのタイミングでメラニンを古い皮膚として排出してゆきます。

 

でもしみやそばかすとして残っているということは 何らかの原因でこの機能が滞っている状態になっているということなのですね。

 

しみそばかすの錠剤の飲み薬に含まれる成分には こういったお肌の内側からの代謝を助けてターンオーバーのサイクルを正常化させる働きのあるものが配合されています。

 

ですので ターンオーバーの周期ごとに徐々にシミへの効果が実感しやすくなっています。

 

 

シミそばかすの錠剤の飲みやすさについて

 

しみそばかすの錠剤の飲み薬ですが、飲みにくいのでは?といった不安を持っている方もいらっしゃると思います。

 

苦かったり、喉にひっかかりやすい錠剤ってたまにありますよね。

 

しみそばかす錠剤

 

せっかくシミを消したいと思って飲み始めたけど飲むのが苦痛。。

 

こうなってしまってはもったいないですね。

 

ランキングで人気のしみそばかすの錠剤は糖衣、粒も大きすぎないので飲みやすく ニオイや味などでストレスになりにくくなっています。

 

是非参考にしてみてくださいね!

 

 

シミそばかすの錠剤、飲んでも大丈夫?

 

いままで 美白コスメやシミクリームでお肌の外側からのケアだけをしてきたという方には シミソバカスのケアで錠剤を飲むということに抵抗があるかもしれませんね。

 

美白クリームなどには強い漂白作用のある成分が配合されています。

 

それを飲むの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、そうではありませんので安心しましょう

 

しみそばかす錠剤

 

シミソバカスの錠剤(飲み薬)には 外用の美白クリームとは違う成分が入っています。

 

錠剤の主な成分はビタミンC(アスコルビン酸)や アミノ酸の一種であるL-システインです。

 

L-システインは 私たちの体をつくる成分ですし、ビタミンCは自然の食べ物にも含まれる成分ですので安心です。

 

この他にメーカーによって 生薬などが配合されています。

 

いずれも 一般的に体に負担となるような成分ではありませんので安心しましょう。

 

 

敏感肌の方のしみそばかすケアにも錠剤

 

 

シミが気になってきたので 美白コスメをつけたら、お肌に刺激になってしまった!なんて経験ありませんか?

 

お肌の外側からのケアで使われる美白成分には 強い成分のものもあり、赤みやかぶれといったトラブルが出ることも。

 

でも 錠剤なら体の内側からのケア、しかも主な成分であるL−システインは体にもともとあるアミノ酸の一種ですし、ビタミンCなど 普通の食べ物にも含まれる成分ですので より安心です。

 

敏感肌の方や、美白化粧水などで刺激に感じたことがある方なら 錠剤でのシミそばかすケアが一番おすすめです。

 

 

しみそばかすの錠剤でのケアとレーザー治療

 

シミそばかすというと 最近ではレーザー治療の広告などをよく見かけるようになりましたね。手軽そう、ということで興味を持つ方も多いと思います。

 

お肌にレーザーを当てることで お肌の奥にあるシミの原因となっているメラニン色素が反応して 浮き上がってくるという仕組みです。

 

原理はとても簡単そうですが、お肌が落ち着くまでテープなどで保護しないといけませんし、失敗する可能性もそれなりにあるので そういった点を理解しておかないといけません。

 

シミそばかすの治療で失敗、というのは レーザー照射で シミがより濃く残ってしまう状態を指します。

 

こうなると またすぐにレーザーを使うということはできませんので 飲み薬や塗り薬での治療に切り替わるケースがほとんどです。

 

しみそばかす錠剤

 

そしてレーザーでのシミそばかす治療には、原則として保険がつかえず、全額自己負担の自由診療です。

 

それなりの費用がかかりますし、しかも失敗のリスクもあるとなれば、まずは飲み薬の錠剤などで自分でケアして様子を見るほうがよいのではないでしょうか

 

また、レーザーを扱っていない一般的な皮膚科でも最近はシミやそばかすの治療を行うところが増えてきました。治療では錠剤と塗り薬を処方される程度のことがほとんどです。

 

錠剤にしても 塗り薬にしても、処方されるものと 同様の成分が配合されているものが市販品でも沢山発売されています。

 

病院での診察や処方箋の発行にしても自費診療です。

 

まずは市販の錠剤などでしみそばかすのケアを目指してみてはいかがでしょうか?