シミと肝斑(かんぱん)

しみが出来てしまった!とあわてて美白アイテムを探し始めているという方、そのシミが肝斑(かんぱん)でないか確認しましょう。

 

肝斑とは 薄いシミのようなものが 広い範囲で出てくるもので、両ほほなどに左右対称に現れるのが特徴です。

 

シミやそばかすは紫外線が原因でできてしまうものですが、肝斑は 出来る原因がシミソバカスとは別で 主にホルモンバランスの関係でできると言われています。

 

そのため、肝斑は 出産したばかりの方や 更年期の方に現れやすくなっています。

 

産後のホルモンバランスが整ったり、閉経後から薄くなり 気にならなくなってゆくという特徴もありますが、肝斑は範囲が広いということもあり気になりますよね。

 

 

しみそばかす錠剤

 

 

肝斑も錠剤の飲み薬でケアすることができます。

 

ですが、シミそばかす用の錠剤ではなく、肝斑専用のお薬です。

 

皮膚科さんで相談して処方してもらっても良いですし、市販の肝斑用の飲み薬もありますので ご自分にとって手ごろなほうを選びましょう。

 

ここで気をつけたいのが どうせ肝斑だから、とシミやそばかすのケアをおろそかにしてしまうことです。

 

紫外線を浴びればお肌にメラニンが出来てしまいます。肝斑とシミがお肌に混在することになります。

 

油断せずにシミやソバカスの対策も続けてゆきましょう。